サスペンス

prime videoでオススメ【マージンコール】 あらすじと感想

Amazon prime videoより配信中

2011年 アメリカ

〜あらすじ〜

2008年、ニューヨーク。ウォール街の大手投資会社で大量解雇が始まった。

解雇になったエリックは、部下のピーターに「用心しろよ」と意味深な言葉を残しUSBメモリーを託して去る。

原子物理学の博士号を持つアナリストのピーターは、リストラから生き残った数少ない1人だった。

(prime video紹介文より抜粋)

こんな人にオススメ

  • 投資が好き
  • 投資会社の闇をみたい
  • 社会人としての考えを学びたい

(c) 2011 MARGIN CALL PRODUCTIONS LLC and MARGIN CALL LLC

潜んでいた大きな穴

社会の厳しさと恐ろしさがこの作品に凝縮されています。

実力主義の投資会社

実力がない者には容赦なく解雇の波が襲いかかる

解雇されたエリックは、会社に危機が迫っていることを密かに把握していた。

その部下で、投資会社での経験は浅いが鋭い感性をもつアナリストのピーター (ザカリー・クイント)は、エリックから託されたUSBと、「用心しろよ」の一言が気になり、解析を行った。

黙々と1人残業しながら解析に成功した。

その内容を見て驚愕した。会社は破綻寸前まできていたのだ。

時間は夜、

BARで飲んでいる同僚たちを呼び戻し、身近にせまっている危機に対処するため、あらゆる手を講じることになった。

翌朝にかけて壮絶な戦いが始まった。

(c) 2011 MARGIN CALL PRODUCTIONS LLC and MARGIN CALL LLC

絶望的な空気が常に流れている

会社に危機が迫っているときの緊張感と心理戦が、この映画の醍醐味です。

しかも金融系にしては、会話の内容もすんなりと頭に入ってきます。

簡単に言えば、

この危機を乗り切るために、ああしようこうしようとひたすら模索し続けるっていう内容です。

置かれている危機的状況をすぐさま報告しなくてはいけません。

部門長から支社長、そして社長へと報告を上げていきます。

その様子はものすごーく緊張感がタップリ、日本社会の中でもまさによく見る光景です。うぅ胃が痛くなりそう…

セリフがほとんどになりますが、登場人物が魅力的で惹き込まれます。

ピーターのほか、その上司であるサム(ケヴィン・スペイシー)とウィル(ポール・ベタニー)が脇を固めています。

喋り方が渋くてかっこいいです。

(c) 2011 MARGIN CALL PRODUCTIONS LLC and MARGIN CALL LLC

とにかく行動を

この映画、セリフも何か参考になりものがあります。

経営危機を社長に話した際に、社長が担当者に詳細を求めます。

社長のその時のセリフが、

「小学生でもわかるように話せ」 

要するに誰でも分かるように話せということですね。

(c) 2011 MARGIN CALL PRODUCTIONS LLC and MARGIN CALL LLC

当たり前のようですが、説明してカンペキに理解してもらうのって、思っていても出来ないしホント難しいです… 

最後は一丸となってみんなで危機を脱するために行動します。

次の日にすぐに動くこの行動力は会社にとって必要ですし、勉強になります。

金融系の映画は、現実の問題と直面しているから奥深いし、この緊張感を感じとってほしいです。

2回目も観たくなります。休日前の夜にでもぜひ!

(c) 2011 MARGIN CALL PRODUCTIONS LLC and MARGIN CALL LLC

Amazonプライム会員に登録する
RELATED POST