ホラー

prime videoでオススメ 【FALL】高所恐怖症の人は危険

Amazon prime videoよりレンタルにて配信中

2023年 アメリカ

〜あらすじ〜

山でのフリークライミングの最中に夫・ダンを落下事故で亡くしたベッキーは、悲しみから抜け出せず1年が経とうとしていた。

ある日、ベッキーを立ち直らせようと親友のハンターが新たにクライミングの計画を立てる。

今は使われていない地上600mのモンスター級のテレビ塔をターゲットとして選んだ彼女たちは、老朽化で足場が不安定になった梯子を登り続け、なんとか頂上へと到達することに成功するのだが…。

(prime video紹介文より抜粋)

こんな人にオススメ

  • 最近、刺激が少ない
  • 思いっきりドキドキしたい
  • 実は高いところが苦手だ

(C)2022 FALL MOVIE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

無謀な挑戦

この映画の感想は一言「やばいです」 

とんでもないスリルを味わえます。

そして必ずもう1度、観たくなります。

夫を亡くしたベッキーは、その悲しみから生活が荒んで、生きる気力を失いかけていた。

そんな矢先、親友のハンターがその状況を気にかけてくれ、再び気力を取り戻させるため、600mもあるテレビ塔へ登ろうと誘う。

テレビ塔は老朽化のために壊す計画があり、その前に制覇したいと考えていた。

親友ハンターはスリルを求め世界中を旅しており、動画で収入を得ていた。

そして今回、ベッキーを励ますと同時に、テレビ塔の頂上で配信をするつもりだった。

(C)2022 FALL MOVIE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

常に恐怖を感じさせてくれる

最初にテレビ塔の高さに圧倒されます。

そしてテレビ塔の下から上を見上げるシーンは、その高さとテレビ塔の幅の狭さに、恐怖を感じてきます。

テレビ塔の骨組みは当然のようにサビついており、ところどころビスが抜けかかっているような状態。

いざ登り始めるとハシゴはカタカタ揺れ、そしてハシゴに足をかける度に軋む(きしむ)音に、不気味さを感じます。

登っているときに塔全体が微妙にゆれており、それが常に緊張感を煽ります。

テレビ塔に登っているシーンを何度も遠目で映すシーンがあり、その塔の細さに今にも「ポキっ」と折れそうに見え、観ているほうを何度も恐怖を生み出します。

「恐怖なんかぶっ飛ばしてやれ」

「つべこべ言わず、やってみよう」

登り始めから何かが起きそうな予感を感じさせています。

登ることに成功したが、その後に壮絶な展開が待ち受けています。

(C)2022 FALL MOVIE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

推しの1本

ハラハラ・ドキドキというのを見事に表現しており、すごく上手に作っている作品だと感じました。

恐怖の演出はこれだけではなく、終盤に別の恐怖があります。

それがもう1度観てみたくなる理由です。

「人生は儚(はかな)い」

「人生はあまりにも短い」

作中のセリフです。この映画を観たあとは、このセリフが更に重みがあります。

最後までイッキに見入ってしまう作品です。

(C)2022 FALL MOVIE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

RELATED POST