感動モノ

prime videoでオススメ【光のお父さん】 とにかく感動の親子愛、ほっこりする作品です

114分

Amazon prime videoより配信中

こんな人にオススメ

  • お父さんとの思い出を思いだしたい
  • ファイナルファンタジー14はよく知らない
  • 感動してスッキリしたい

〜あらすじ〜

仕事一筋だった父が、突然会社を辞めた。

母と妹も一日中ボーっとテレビを見ている父を、遠巻きに眺めている。

父の本音を知りたい、そんな願いに突き動かされたアキオはある計画をひらめく。

子供の頃、一緒に遊んだ思い出のあるゲーム「ファイナルファンタジー」のオンラインの世界に父を誘い、自分は正体を隠して共に冒険に出るのだ。

アキオは顔も本名も知らないゲーム仲間たちの協力のもと、計画を進めていく。

(prime video紹介文より抜粋)

(C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
(C)マイディー/スクウェア・エニックス

たかがゲーム、されどゲーム

感動の1作です。

ゲームを通じて父と息子の関係を見つめ直し、忘れていた何かを思い出させてくれます。

ファイナルファンタジー14を知っている人も知らない人も存分に楽しめる内容です。

「父は昔から何を考えているか分からない人だった」

オンラインゲーム「ファイナルファンタジー14」をやり込んでいる会社員のアキオ(坂口健太郎)は、お父さん(吉田鋼太郎)との会話がほとんどなかった。

お父さんは専務に出世する予定だったが、突然会社を辞めて家に引き込もるようになった。

妹の美樹(山本舞香)と母(財前直見)は心配していたが、深くは聞かず、父とアキオも相変わらず会話がなかった。

家でじっとしているお父さん

アキオは子供の頃にお父さんと「ファイナルファンタジー3」を一緒にプレイしたことを思いだし、お父さんにプレイステーション4とファイナルファンタジー14をプレゼントした。

「父と会話がしたい」「父のことをもっと知りたい」との思いからだった。

お父さんは怪訝そうな顔をしただけで、ゲームをやる素振りは全くなかった。

ある休みの日の朝、寝ているアキオに妹が部屋に入ってきて一言

「なんか始めたいらしいよ、ゲーム」

(C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
(C)マイディー/スクウェア・エニックス

ハマるお父さん

 ついにゲームを始めたお父さん

それに合わせてアキオは自分の部屋からログインし、ゲームの中のお父さんに他人のフリして合流します。

「お父さん、あの頃と同じようにファイナルファンタジーの世界を一緒に冒険しよう」

助けてくれる仲間がいることで、お父さんは少しづつハマってきます。

しかし一週間がたったころ、お父さんはゲームはやっていなくて、テレビばかり見ていました。

一緒にプレイしてくれていたゲーム仲間も心配します。

テレビを見ていたお父さんに、妹が「ゲームはもうやっていないのか」とお父さんに聞きました。

お父さんの回答は

「あれなぁ、やめたんや」

(C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
(C)マイディー/スクウェア・エニックス

ゲームを通じて少しづつ距離が近くなる

やめた理由は大したことではありませんでした。

寒冷地で1人だけコートを着ていない自分のキャラに、着替えさせ方が分からないだけでした。

アキオは意を決して、フレンド申請をお父さんに送ります。

お父さんをひたすらフォローし、

「このエオルゼアの世界でたくさん言葉を交わそう」

そんな思いからです。

滅多に話かけてこないお父さんが突然アキオの部屋にきました。

フレンド承認のしかたを相談したかったのです。

物凄くぎこちなく。

こうしてゲームを通じて、ほんの少しづつではありますが、親子に会話が生まれてきました。

ゲームの中では親子は頻繁に会話をしています。

仕事のことや家庭のことまで、お互いが相談までするようになります。

その影響はアキオの仕事にまで及びます。

お父さんからのアドバイスからヒントを得て、仕事も順調になってきました。

(C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
(C)マイディー/スクウェア・エニックス

決戦は金曜日の21時

それからのお父さんは攻略本を買って、徹底的に練習をしていました。

ゲームの中で、お父さんのキャラがアキオのキャラにつぶやきます。

「ここには知らない世界があります。多くの仲間との出会いや絆、もっと感動したいです。」

アキオは提案します。

『ツインタニア』を倒しましょう!」

FF14の世界に出現してから、初討伐されるまで2ヶ月を要したといわれる最強の敵

困ったお父さんは息子の部屋にきて、攻略法を教えてほしいとお願いします。

そしてリビングで2人で攻略動画を見ながら攻略法を学びます。

現実の親子が昔に戻ったような瞬間です。これには妹もビックリして写真を撮る始末。

お父さんはアキオにお願いしました。

「これを行くとき、隣で見ててくれへんか?」

しかしアキオは自分もログインして一緒にプレイしなければいけないので、断ります。

「最近仕事が忙しくて...」

この集大成においてアキオの中で一つの決意がありました。

ゲームの中で助けてくれるこのフレンドは、実は自分だということを告白するつもりでした。

(C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
(C)マイディー/スクウェア・エニックス

決戦間近に事件が

決戦当日、家にいるお父さんも、仕事中のアキオもソワソワしています。

お父さんは早々にスタンバイしており、アキオも残業もなく家に帰れそうでした。

しかしそんな時に事件が...

最後の最後に感動させてくれます。

アキオとお父さんの関係性だけではなく、お父さんと妹との関係性にも楽しませてくれます

ゲームを通じて親子関係の変化や、子供のころに忘れたものを思い出させてくれるような切ない気持ちにもなります。

趣味をみつけなきゃってそんな気分で、

休日前の夜にでもぜひ!

(C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
(C)マイディー/スクウェア・エニックス

RELATED POST